きっと何者にもなれないSEの記録帳

日々で得たIT技術を記録していきます。

MCP70-532:「Microsoft Azure ソリューションの開発」の試験に合格しました

試験 70-532: Microsoft Azure ソリューションの開発に833点で合格しました。備忘録的に合格までの過程を残したいと思います。
問題や解答は持ち帰れないので、記憶にあるうちにです。

試験の内容

試験時間:150分
問題数:30問
合格点:700点以上
試験問題の形式:

※問題数はうろ覚えなので、若干異なる可能性があります

ケーススタディ形式は、ある企業のシステム開発の状況が問題の条件として与えられていて、各問題に答える形式です。C#のコードの穴埋めを択一問題形式で答える問題が多かったです。

二者択一形式は、前提条件は共通で、各問題でYESかNOかで答える形式です。

C#のコードの問題がケーススタディ形式でほぼ出題されて、そのほかはAzureのサービスに関しての知識を答える問題というような感じでした。workerロールとか、Service Busとかマイナーなイメージがある問題が結構出たりして、試験内容が古いのかなと思いました。

全体的に、択一問題形式でも二択になっているものもあり、まぐれで当たる可能性が大いにある試験だと思いました。
試験時間は150分ありますが、問題数が30問しかないので時間はかなり余ると思います。
私の場合、100分くらいで試験を終えました。

試験勉強の方法

以下のコンテンツを活用しました。

Udemyのコンテンツは試験の範囲を網羅しているので、初学には向いていると思います。英語なのが難点ですが、動画なので、Azureを実際に使いながら見てみると分かりやすいかと思います。
注意点として、この講座自体は最新の試験を反映していて、日本版の試験は遅れています。なので、古い内容で勉強しておく必要があります。具体的にはネットワーク関連の問題は最新だと省かれているようですが、日本版の試験だと出題されていました。

MeasureUpの練習テストは公式の練習テストということですが、本番では練習テストにはない二者択一形式の問題が出題されたり、本番よりも難易度が高いと思われる問題があるなど、ちょっと微妙かもしれません。
練習テストの問題が分かるレベルが必要と思ってしまうと、実はそんなことなかったというのが実際のところです。
練習テストが難しいと思っても、案外なんとかなるような気がします。
PowerShellのコードの穴埋め問題が結構あったのですが、本番では、ほぼ出題されませんでした。

最終的にはAzureの公式ドキュメントのチュートリアルを実践しながら学習しました。実際にAzureを触りながら学習すると理解が深まると思います。