きっと何者にもなれないSEの記録帳

日々で得たIT技術を記録していきます。

Trelloに登録したタスクの内容を知るAlexaスキルを作った

Amazon Echo Dotが我が家にも届いたので、Alexaスキルを作ってみました。
作ったのは、Trelloに登録したタスクの内容を知るスキルです。
なお、Alexaスキルは他ユーザに利用してもらうためにスキルを公開することもできますが、今回は個人用途で使用できればよかったので、Amazon Echo Dotでのテストまでを行なっています。

Alexaスキルを作成する

Amazonの開発者コンソールでAlexaスキルを作成する必要があります。
https://developer.amazon.com/home.html

ALEXA > Alexa Skills Kit > 新しいスキルを追加する を選びます。

スキル情報

まずは、スキル情報を設定します。

  • スキルの種類:カスタム対話モデル
  • 言語:Japanese
  • スキル名:スキルを特定する名称 ※ここではTrello
  • 呼び出し名:スキルを呼び出すときの名称 ※ここではトレロ
  • グローバルフィールドは全ていいえ

f:id:hi1280:20171209234029p:plain

対話モデル

次に対話モデルを設定します。

今回はスキルビルダーを使います。

f:id:hi1280:20171209234858p:plain

キルビルダーでは、作成するスキルで実行したい処理を呼び出す際にインテントという形で定義します。
インテントはブラウザ上で作成することができます。
一度インテントを作成すれば、JSON形式で記録されるので、再利用が可能です。
今回のインテントの定義は以下です。
https://github.com/hi1280/skill-sample-nodejs-trello/blob/master/InteractionModel.json

Code EditorのメニューからJSONファイルをインポートすることができます。

インテントを作成したら、保存及びビルドします。

f:id:hi1280:20171209235411p:plain

設定

次に設定画面が表示されます。

スキルが実行された時に呼び出すAWS Lambdaの関数を指定します。AWS Lambdaの関数の内容については後述します。

エンドポイントとして、AWS Lambda の ARN (Amazonリソースネーム)を指定します。

Lambda関数のトリガーとして、「Alexa Skills Kit」が指定されていないと、エラーになってしまいます。

f:id:hi1280:20171210000536p:plain

AWS Lambdaを作成する

Node.jsで下記のLambda関数を作りました。
GitHub - hi1280/skill-sample-nodejs-trello: AlexaスキルでTrelloのAPIを実行するサンプル

process.env.ALEXA_APP_IDはAlexaスキルのIDになります。
スキル情報のメニューで確認できます。

TrelloのAPI呼び出しにはnode-trelloというnpmモジュールを利用しています。
https://github.com/adunkman/node-trello

コードの解説

Alexaスキルを制御するコードの部分です。

const handlers = {
  'LaunchRequest': function() {
    this.emit('GetTrello');
  },
  'GetTrello': function() {
    callDoingTasks().then((result) => {
      this.response.speak(result);
      this.emit(':responseReady');
    }).catch((err) => {
      this.response.speak('失敗しました');
      this.emit(':responseReady');
    });
  },
  'AMAZON.HelpIntent': function() {
    const speechOutput = '利用するには、「トレロのタスクを教えて」と言ってください';
    const reprompt = 'どうしますか?';
    this.response.speak(speechOutput).listen(reprompt);
    this.emit(':responseReady');
  },
  'AMAZON.CancelIntent': function() {
    this.response.speak('終了します');
    this.emit(':responseReady');
  },
  'AMAZON.StopIntent': function() {
    this.response.speak('終了します');
    this.emit(':responseReady');
  },
};

GetTrelloがスキルビルダーで新たに作成したインテントの名前に対応しています。
該当のインテントのコマンドが呼ばれた場合に対応したJavaScriptの関数の処理が呼ばれます。

LaunchRequestはコマンドを指定しないでスキルを起動した場合のリクエストになります。
ここでは、GetTrelloと同じ処理を行なっています。

以下のインテントはビルトインのインテントです。

  • AMAZON.HelpIntent
  • AMAZON.CancelIntent
  • AMAZON.StopIntent

スキルの使い方を教えたり、スキルの実行を止めたりするインテントはあらかじめ定義されてます。
該当のインテントに対応する処理を記述します。

Amazon Echo Dotでのテスト

youtu.be

参考情報

公式ドキュメント
Alexa Skills Kitによるスキルの作成 | ASK

Node.js向けAlexaスキル作成用SDK
https://github.com/alexa/alexa-skills-kit-sdk-for-nodejs

注意事項

作成したスキルがAlexaアプリのスキル画面に表示されない場合、以下を疑った方が良いです。

開発したAlexa Skillが日本語版に出てこない場合 - Qiita

感想

今回のような単純にLambda関数を声で呼び出すのであれば簡単です。
対話を考慮したスキルになると難しそうです。
タイミングとかで声をうまく認識しないことが多々あります。

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック

Amazon Echo Dot (Newモデル)、ブラック