なになれ

IT系のことを記録していきます

『エンジニアリングマネージャーのしごと』を読んだ

ITエンジニア本大賞2023のベスト10にも選ばれた『エンジニアリングマネージャーのしごと』を読んだ感想です。

www.oreilly.co.jp

www.shoeisha.co.jp

ITエンジニア本大賞2023の結果を見て、全く知らなかった書籍もあれば、自分が観測しているソフトウェアエンジニア界隈で話題になった書籍もあり、ITエンジニアでも全く知らない界隈があるんだなぁとなかなか興味深い結果だと思いました。

以下、『エンジニアリングマネージャーのしごと』の感想です。

本全体の内容としては、ピープルマネジメントがメインの内容です。その中でもコミュニケーションや委譲、教育、評価面談、採用といったテーマが扱われています。
このようなテーマをマネージャーとしてどのように具体的に実践するかが書かれています。いずれかのテーマに関心がある方には役立つものになっていると思います。

特に自分が参考になったのは教育観点での発達の最近接領域という考え方です。これは個人の成長を促すためにどのようなレベルのタスクを与えていくかの考え方です。
学習者が支援ありでできるタスクを与えていくのが発達の最近接領域ということになります。
完成するために支援が必要なタスクをタスクの完成を支援する豊富な支援者とともに取り組むことで、より高い難易度のタスクに取り組めるようになり、継続的にスキルを向上させていくことができるという考えです。
この考え方はよい発見でした。どのように人を教育していくかということの根本的な考え方を知ることができたと思います。

また、組織において学習の機会を作るという観点で、問題を学習の機会に変えるというところが参考になりました。具体的にはマネジメントバグという手法です。
これは部門や会社全体などの組織にまつわる問題をメンバーが自由に投稿し、組織に関わる全員がその問題を確認し、解決のためのアクションを促すといった手法です。
このようにオープンに問題解決ができる仕組みを構築することで、組織力の強化につながりそうだと感じました。

ソフトウェア開発において問題になりがちなドキュメントをどのように扱うかの問題に関しても言及されています。コードがなぜこのようになっているかといったことは時が経つと忘れがちです。そんな時にアーキテクチャー決定記録(ADR:Architecture Decision Record)が役立ちます。
そのようなコードを書く判断に至った背景をドキュメントすることによってアーキテクチャの品質を保つことができるはずです。
自分の現在の環境が組織の新陳代謝が激しい環境であるため、こういった決定の背景を残していくことは持続的なソフトウェア開発にとって重要だと感じました。

このように『エンジニアリングマネージャーのしごと』にはソフトウェアエンジニア組織のマネージメントについて役立つノウハウが具体的に書かれています。
このようなノウハウを一つでも現場に取り入れてみるとマネージメントや組織力の向上につながるのではないかと思います。

2022年で学んだ技術

2022年を何を学んだかで振り返ります。仕事としてはエンジニアリングマネージャー業や各種ソフトウェア開発などを行いました。

マネージャー業

1on1を通じてメンバーへのサポート方法を学びました。人によってやり方を変えるなど効果的に行うために工夫しました。

hi1280.hatenablog.com

プロジェクトを進めるにあたってのマネジメントに取り組みました。プロジェクトの範囲でどこまでを権限委譲するかなどを考えながらマネジメントしました。

hi1280.hatenablog.com

組織づくりの一環として、採用活動に取り組みました。世の中的に採用は大変だと言われていますが、それを身をもって実感しました。また、社員採用だけでなく、フリーランスエンジニアやオフショア開発など開発者を確保するための様々な方法を理解・経験しました。

マネージャーの勉強として以下の本を読みました。マネジメントと一言でいっても様々な領域があり、マネジメントの奥深さを知りました。

AWS

AWS IAM Identity Center(旧AWS SSO)を会社のAWS環境に導入し、継続的に運用しました。便利さを実感しました。これ無しではAWSを運用できないレベルです。

hi1280.hatenablog.com

EKS1.22へのアップデートを実施しました。アップデート作業はなかなかシンドイと思い始めてきています。

hi1280.hatenablog.com

データエンジニアリング

データ基盤を運用していくにあたり便利になる改善を行いました。運用改善にあたってはGitHub Actionsが様々なところで活用できることを学びました。Slackへの通知などが簡単にできて便利です。
hi1280.hatenablog.com

ここ数年やってきたデータエンジニアリングの取り組みについて発表を行いました。発表を通して自分の学びの整理になりました。

speakerdeck.com

その他ソフトウェア開発技術

Flutterを勉強しました。最近ではモバイルアプリ開発で使われてきているので良い勉強になりました。WidgetなどFlutter独自の要素を学ぶのに苦労しました。

hi1280.hatenablog.com

NestJSを勉強しました。NestJSはフルに機能が揃っているので、Expressでいろいろセットアップするよりも楽でよかったです。最初からTypeScript前提なのも良いです。
Vue 3を勉強しました。2系からどういった点が変わっているのか理解しました。

ソフトウェア開発関連の勉強として、以下の本を読みました。どれもソフトウェア開発をするにあたっての土台になる良い本でした。

その他ソフトスキル

英会話の勉強として6月からレアジョブを始めました。現時点でレッスン時間70時間ほどです。まだ頻繁に会話に詰まってしまうレベルです。引き続き勉強していきたいです。

まとめと来年に向けて

マネージャー業を中心にソフトウェア開発も並行で行うといった感じで一年が過ぎました。マネージャー業は身近にお手本がないので手探りな状態で始めて改善中です。
世の中の本や情報を読んでマネジメントは成果に貢献することであると感じています。来年はその点を意識して取り組んでいきたいです。
また、英会話を上達して社内の海外メンバーとも会話でまともにコミュニケーションが取れるようにしていきたいです。

スタートアップにおけるモメンタムを実感した話

スタートアップ界隈の端くれにいるのでスタートアップにまつわる情報を目にします。一例としてスタートアップ界隈ではモメンタムという言葉があります。

モメンタムから生まれる社内の活力は「きっと次のチャレンジでも勝てる」という思いを生み、更なる大きな挑戦と成長を促してくれます。逆に、モメンタムを失ったら負のスパイラルに落ちていき、スタートアップは死んでしまいます。

tumada.medium.com

モメンタムはスタートアップにとって重要な要素であると理解できます。こういった話を印象付ける体験をしましたので、その話について書きます。

体験談

筆者はスタートアップ企業のソフトウェア開発組織に所属し、マネージャーとして活動しています。マネージャーになったのは2022年4月ごろの話です。
組織体制の変更により、空いたマネージャーのポジションにスライドしたというのが経緯です。
周りの雰囲気としても人の変化が多い時期で、今後どうなるのか不安になるタイミングであったと思います。そんな変化からモメンタムが徐々に失われていくことを感じました。
マネージャーとして取り組んだ1on1では各メンバーから以下のようなコメントを聞きました。

  • 仕事をこなしていても何かうまく行っていない
  • 仕事をやっている実感が持てない
  • チームの雰囲気が何か良くない

今まで各メンバーが心のうちに秘めていたことが雰囲気の悪化によって表面化したように思います。こういった状況を経て辞めていくメンバーが出てきてしまいました。

どうすると良かったか

全てが順調にいくことはあり得ないため、スタートアップという環境下でモメンタムが失われていくタイミングはあるはずです。
モメンタムが失われていく時にやるべきことは、私たちは成果を出すことができているという実感の可視化だったと思います。自分たちが何かに貢献しているという実感なくしてモチベーションを保つことはできないというのは自分の身を振り返っても感じるところです。
僕自身は1on1での話からどういう打ち手がよいのか、その時点では効果的な手段をとることができませんでした。

まとめ

モメンタムの変化は急に起こります。メンバーの雰囲気を察することで気づくことができます。モメンタムを取り戻すには自分たちの成果を可視化することです。

ちなみに

現状はある程度モメンタムを取り戻すことができていて、心穏やかにマネージャー業に従事しています。これは周りの人たちからのサポートがあったからだと思います。周りの人に頼っていくことも大事だと思います。